post by blogger | | Closed

静電塗装で効率良く塗料を付着させる

塗装物に効率良く塗料を付着させる方法として、「静電塗装」も挙げられます。

■静電塗装とは?

静電塗装とは、静電気を帯びた塗料を使用して塗装を行う方法です。

アース状態にした塗装物をプラス極とし、静電塗装機をマイナス極とし、高電圧を流すことで静電界を作り、塗料を均一に塗装物に移動させて塗着させます。

静電塗装には、「ガン型」と「静電霧化方式」とがあり、ガン型は噴射器を使って塗料を直接塗装物に付着させる方法で、静電霧化方式は帯電させた塗料が反発する原理を利用して塗料を付着させる方法です。

■静電塗装のメリット電気の力を利用して、効率的に塗料が塗装物に移動するために、塗装物に均一な塗膜を作ることができるのが最大のメリット。

また、従来の霧化塗装では、表面のみの塗装しかできず、加えてミストの発生が起こることにより大量の塗料の無駄が問題視されてきましたが、静電塗装では、電気の力によって塗装物表面だけでなく、側面や裏面、複雑な形状をしている箇所にも自動的に塗料が付くため、塗料ロスが少ない塗装方法として、自動車部品や電化製品、農機具部品などの塗装に幅広く利用されています。

他には、塗料が微粒子化するために、無駄な気泡を発生させる心配がなく、塗装面を美しく仕上げることができる点でも注目されています。

■静電塗装のデメリット静電塗装は高電圧を使用することが大きな特徴ではありますが、その反面高電圧による危険性も指摘されています。

感電事故や火災事故のリスクは十分に警戒しておく必要があるでしょう。

また、均一に塗料を塗ることができることが可能ですが、電気の力を利用することが却ってマイナスになることもあります。

とくに凸凹のある塗装物の場合、一定箇所に電力が集まってしまうことがあります。

そのため、電気によって引き寄せられる塗料は一か所に集中し、その一か所だけ分厚い塗膜を作ってしまうことが考えられます。

■静電塗装と電着塗装の違い電気を使う塗装方法としては、静電塗装以外に電着塗装があり、両者は同じような特長があると思われがちですが、両者はまったく違う性格を持つ塗装方法です。

電着塗装が静電塗装よりも優れている点としては、水性塗料を使うために火災の心配がないこと、静電塗装以上に塗料ロスが少ないことが挙げられます。

しかし、静電塗装では電着槽などの塗装設備を使用しないため、初期投資が少ないこと、塗装物の大きさを選ばないことが優れており、色変えも自由に行うことができます。

用途や目的に合わせて塗装方法を使い分けることが重要です。

Comments are closed.